最近利用が拡大しているシェアオフィス!シェアオフィスの基本情報を詳しく解説

シェアオフィスの基本は短期間のオフィス代替空間を賃貸するというものです。
シェアオフィスではオフィス機能を完遂するのに必要な機器や什器などがそろえられており、一般のオフィスを構えるのが難しいような大都市圏のオフィス街でも確保することができるのがメリットです。
これまで都市部で事務所を構えるのは中長期的に初期投資を覚悟するか、極めて短時間のワークショップに対応するか、両極端な選択肢がなかったことを踏まえると使い勝手の良さが意識されているようです。

シェアオフィスの定義

シェアオフィスという言葉を耳にすることが珍しくなくなっていますが、ではその意味の定義はなんでしょうか。
シェアオフィスは1つの空間を、複数の企業、あるいは個人が共有するものと定義されます。
社内にあって社員だけが使える空間と違い、他の企業も使えるのがシェアオフィスの特徴です。
シェアオフィスは賃貸借契約を結んで借りる形式ではなく、月額や従量制といった料金体系で、使う分だけ借りることができるスタイルです。
家具や電話にインターネット回線、オフィス機器などは最初から備え付けられていることが多いです。
空間内では複数の異なる企業や個人が働く形となるので、そこが従来のオフィスとの決定的な違いだといえます。
メリットとしては毎月のコストを抑えることができたり、好立地に拠点を構えられるなどです。
入居者同士の交流の場でもあるので、他業界や多業種と交流を図るチャンスがあります。
複数企業や個人が空間を共有して利用するオフィスこそが、イメージとして正解なのではないでしょうか。

シェアオフィスの利用が拡大している理由

シェアオフィスを利用して起業する人が増えています。
その理由として、パソコン一つで仕事をしてフリーランスとして活躍する人が増えている面があげられます。
つまり一人で稼げていた人が、もう少し規模を大きくして起業する場合にぎりぎりの小ささを求めるのです。
シェアオフィスであれば賃貸事務所のように面倒な契約は必要ないですし、総コストもかなり安く抑えられます。
他社の人を読んで会議するシーンが多い場合にはシェアオフィスは向いていませんが、逆に言えばそういうやり取りがあまり発生しないならデメリットもなくなるのです。
電話よりチャットやメールをメインにやり取りするのであれば声も関係ないですし、機密が漏れる心配もありません。
こういったシェアオフィスだと困るだろうという要素がほとんどないのであれば、ただの使いやすい安い事務所なのですから、人気が出るのも分かるというものです。
ライターやデザイナーなど、ノートパソコンをメインに作業が出来る人には特に向いています。

シェアオフィスは個人でも利用できる

シェアオフィスとは、複数の企業の人たちでシェアして使用するオフィスのことを言います。
そのため、1つのオフィス内に他社の人が常にいる状態になります。
この形態のオフィスのメリットは、そこにある複合機などのサービスを複数の企業で共有することで1つの企業が負担するコストを大幅に抑えられるという点にあります。
また、共有の会議室や個室がある場所も多いので、機密情報を取り扱うことも出来ます。
では、このような特徴を持つシェアオフィスは個人でも利用できるのでしょうか。
ほとんどのシェアオフィスは1名から利用は可能です。
ホームページを見てみると何名から利用可能かの記載があるので、事前に確認し、利用可能と記載があったら、実際に内覧することをお勧めします。
実際にオフィスの雰囲気を見て、1人で利用しやすいか、自分以外にどれくらい1人で利用しているかなどを体感してから使用したほうが安心です。
新型コロナウィルスの影響でテレワークが推奨され、個人でシェアオフィスを利用する方も増えました。
自分の用途にあった働く場所を見つける際にこのような形態を選択肢の1つとすることをお勧めします。

シェアオフィスの料金システムをチェック

シェアオフィスは、近年注目を集める柔軟な働き方をサポートするオフィススペースの一つです。
この記事ではプランとそのメリットについてご紹介します。
多様な料金プランが提供されています。
一般的にはデイパスプラン、フレックスプランやフルタイムプランなどがあります。
一日のみの利用が可能なプランで、プロジェクトやミーティングなど、一時的なオフィス利用に適しています。
フレックスプランは時間や日数に制限のない柔軟な利用ができるプランで、自分の都合に合わせてオフィスを利用したい方におすすめです。
フルタイムプランは専用のデスクスペースや個室を24時間利用できるプランで、独自のスペースを確保しながら共同の設備やサービスを利用することができます。
場所や設備の充実度、提供されるサービスなどによって異なります。
一般的には月額基準での設定が行われており、サイズに応じて設定されます。
共有設備利用料金などが含まれます。
シェアオフィスを利用することで、専用のオフィススペースを個別に借りるよりも費用を削減できます。
共有の設備やサービスを効率的に利用することで、コストを抑えながら必要な業務を遂行することができます。
またシェアオフィスはフレキシブルな働き方を実現します。
自身のスケジュールに合わせて柔軟に利用できるため、必要な時間や日数に応じてプランを選ぶことができます。

シェアハウスで行われる住人同士の活発な交流

シェアハウスでは住人同士の活発な交流が行われることも多いです。
一般的な賃貸住宅ではなくなぜシェアハウスを選ぶかというと、賃貸料負担を抑えることができるメリットも見逃せませんが、お金の問題だけであれば裕福な人は一切選ばないはずですし、多少のことなら狭いとか設備が古いといったデメリットを我慢するという人もいます。
それでもシェアハウスが広がってきているのは、住人同士がコミュニケーションを図ることができる点をメリットと感じる人が多いからと言えます。
多くの物件では、設備的にもまたルールなどのソフト面でも、一緒に暮らす人たちのコミュニケーションを活性化する様々な方策が行われています。
そのための部屋があるのはむしろ当たり前で、普通の賃貸住宅などではちょっと考えられないような立派な設備があることも珍しくありません。
逆に言えば、そのような交流にはあまり興味がなく、単に出費を抑えられるかもとだけ考えている人には厳しい可能性があります。

住人が一緒に過ごすシェアハウスのラウンジ

シェアハウスは、共同生活を楽しむためのスペースです。
住人たちが共有する空間の中でも、「ラウンジ」は共有スペースとして特に重要な役割を果たしています。
今回は、シェアハウスの共有スペースがどのように住人たちのコミュニケーションを促進し、快適な共同生活をサポートするかについて解説します。
まず、シェアハウスの共有スペースは、住人たちがリラックスできる空間であるべきです。
快適なソファやテーブル、椅子などの家具を配置し、居心地の良い照明やインテリアで彩ることで、住人たちがくつろぎながら交流できる場を提供します。
またインターネット環境やテレビ、雑誌などの娯楽設備も整えることで、さまざまなシーンでの利用が可能となります。
次にハウスでは、共有スペースを利用してさまざまなイベントやワークショップを開催することが一般的です。
これにより、住人同士の交流が促進され、コミュニティが形成されやすくなります。
例えば、料理教室や映画鑑賞会、語学交流など、趣味や関心事を共有することで、自然と親睦が深まります。
またシェアハウスのラウンジは、住人たちが集まって情報交換や相談を行う場でもあります。
新しい仕事やイベントの情報、近隣のおすすめスポットなど、様々な話題が飛び交い、刺激的な生活を送ることができます。

シェアハウスにある共有スペースの種類

シェアハウスに住んだことがないので、共有スペースにはどのようなものがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
シェアハウスは複数人の居住者が生活をする住宅で、最近では若い人にも人気があり様々なタイプのハウスが登場しています。
それぞれによって造りが異なっていますが、一般的には自分だけのプライベートな空間と他の人と一緒に利用することになる共有スペースが備わっているのが特徴です。
基本的に共有部として利用することができるものにはキッチンやリビングルーム、ダイニングルームなどがあります。
またバスやトイレ、洗面台などが共用となっているところも多いです。
洗濯機や冷蔵庫、wifiなども共用のスペースにあることが多いでしょう。
シェアハウスのグレードによっては、シアタールームやジムなどが利用できることもあるようです。
プライベート重視のシェアハウスでは、バスやトイレなどが個人のスペースに備わっていることもあります。

快適性が高いシェアハウスに見られる間取り

シェアハウスにおいて快適な生活を送るためには、間取りが非常に重要です。
シェアハウスにおいてもプライバシーが確保された個室があることが重要です。
個室に、ベッドやクローゼット、机などの家具が備えられていることが望ましいです。
リビングルームやキッチンなどの共有スペースが必要です。
共有スペースはメイトとのコミュニケーションや、共同生活を送る上での交流の場として重要です。
快適な生活を送るためには、清潔で広々とした共有スペースが必要です。
充実した設備が備わっています。
例えば洗濯機や乾燥機、調理器具などが整っていることが望ましいです。
エアコンや暖房器具などの設備も、快適な生活を送る上で欠かせません。
静かな環境が必要です。
特に個室においては周囲の音が気にならないように配慮することが大切です。
共有スペースでも、音の響きやすさを考慮した設計がされていると良いです。
シェアハウスでは安全性の確保が重要です。
玄関の施錠や監視カメラなど、セキュリティ面の配慮が必要です。
火災などの緊急事態に備えて、火災報知器や消火器などの設備が備わっていることが望ましいです。
これらの要素を考慮して設計されたシェアハウスは、快適な共同生活を送るための環境を提供します。

シェアハウスの標準的なインターネット環境

シェアハウスの一般的なインターネット環境ですが、最近では高速でしかも利用の上限がなく使い放題のプランを採用しているものが多くなっています。
また、LANケーブルで接続するのではなくwifi環境が整っていることもごく当たり前でしょう。
逆に言うとそうではないシェアハウスの場合、それなりのストレスが発生する可能性もあります。
シェアハウスの場合、様々な利用ルールを設けたとしても人によってはいろいろな使い方をされる場合があります。
誰かが大量のデータ通信をしたような場合、速度が大きく低下してしまうのでは他の入居者は困ってしまいます。
同じように、誰かがたくさん使ったために利用上限に達してしまっては他の人はイライラさせられることになるでしょう。
高速で利用上限がないプランというのは、複数名でシェアする場合にはほぼ必須と言えます。
ちなみに、十分に知識のある人であれば他人の閲覧履歴なども見られてしまう可能性はありますので、一応の注意はしておいたほうが良いかもしれません。

シェアオフィスにはメリットがいっぱい

近年シェアオフィスは急速に普及しています。
異なる企業や個人が共有するオフィススペースのことで、1つのオフィススペースを複数の人が使用することで、費用を抑えることができます。
まずコスト削減が挙げられます。
ビジネスに必要な設備やサービスを利用することができるため、オフィスを個別に借りるよりもコストを抑えることができます。
必要なスペースを必要な時間だけレンタルできるため、無駄なスペースを抱えることなく経費を最小限に抑えることができます。
次にコミュニケーションの活性化があります。
様々な企業や個人が集まっています。
このため様々な分野の人々と交流することができ、ビジネスのアイデアやネットワークの拡大につながることがあります。
共有スペースがあり、交流の場となるカフェスペースや休憩スペースが備わっていることが多いため、コミュニケーションが自然と生まれる環境にあると言えます。
さらに柔軟性の高さがあります。
必要に応じてスペースを追加することができたり、レンタル期間を短くしたりすることができます。
このため急な人員の増加や減少に柔軟に対応することができ、ビジネスの変化に迅速に対応できると言えます。
以上が、シェアオフィスのメリットの一部です。
コスト削減やコミュニケーションの活性化、柔軟性の高さなど、ビジネスにとって重要な要素を備えているため、今後もますます利用が広がっていくことが予想されます。

シェアオフィスにはデメリットもあるので注意

シェアオフィスのデメリットは、情報漏洩のリスクがあることです。
個室のレンタルスペースを借りる場合は問題ありませんが、共有スペースで作業をする場合は情報漏洩に気をつけなければいけません。
特にパーテーションなどの仕切りがない場所では、電話の内容を聞かれたりパソコンの画面を見られる可能性があるので注意が必要です。
機密性の高い情報を取り扱うことが多いなら、個室スペースを借りた方が良いでしょう。
シェアオフィスは他の人と交流しやすいというメリットがある反面、話し声や雑音が気になるというデメリットがあります。
周囲の音が気になって集中できないタイプの人は、シェアオフィスにはあまり向いていません。
シェアオフィスを利用する際は、オプション料金が発生するかチェックしておくことが大切です。
それぞれの施設によって、料金プラン内で利用できる設備やサービスが異なります。
自分が利用したいサービスを明確にし、そのサービスが基本料金内で利用できるかオプションになるか確認しておきましょう。

シェアオフィスでよくあるトラブル

シェアオフィスは、ビジネスを始めるにあたってコストを抑えるための魅力的なオプションです。
しかし、共有スペースで働くことにはいくつかの問題があります。
まず、ノイズの問題です。
多くの人が集まるため騒音が発生することがあります。
特に、会議中や電話をかける際に周りの人に迷惑をかけないようにすることが求められます。
次に、共有スペースの清潔さです。
清掃が行き届いていない場合、衛生面での問題が生じることがあります。
食事をとる場所や共有トイレは清潔に保つことが重要です。
また、設備や機器の故障もよくあるトラブルのひとつです。
共有のプリンターやコピー機が故障すると、仕事の進行に支障をきたすことがあります。
このような場合は、オフィス管理者にすぐに報告することが必要です。
そして、プライバシーの問題もあります。
他の企業や個人と同じスペースを共有するため、機密情報が漏れる可能性があります。
セキュリティーをしっかりと確保し、他の利用者との間に適切な距離を保つことが必要です。
これらの問題は、適切な対策を取ることで回避することができます。
シェアオフィスを利用する際には、協調性を持って働くことが大切です。

シェアオフィスの契約形態はどうなっている?

シェアオフィスの契約形態は、提供されるサービスやレンタルスペースの種類によって異なります。
一般的に、以下のような形態があります。
人または企業がシェアオフィスの専用スペースを定期的に利用するものがあり通常、長期的な契約期間が設定されています。
人または企業が必要に応じてスペースを利用するタイプもあり通常、予約システムが設置されており、必要な時に場所を予約できるのです。
オンライン上での事務処理や郵便受けなどのサービスを提供するものがあり特定のスペースを利用するわけではなく、住所や電話番号の提供などが含まれるのです。
また、提供されるサービスによっては、利用者が必要とするアメニティやサポートを提供するオプションもあります。
例えば、ITサポートやビジネスコンシェルジュ、イベントの利用などが挙げられます。
最近ではコワーキングスペースやオフィスシェアリングサービスの需要が増えており、多様な形態が提供されています。
必要なスペースやサービスに合わせて、適切な形態を選択することが重要です。

複数のシェアオフィスを利用することも可能

シェアオフィスとは企業が共有するオフィススペースのことを指します。
最近ではフリーランスやスタートアップ企業など、小規模なビジネスを展開する人々にとって人気のある選択肢となっています。
一つを利用することも可能ですが、いくつかを利用することもできます。
いくつかを利用することによって、利用者はより広範囲でビジネスを展開することが可能です。
例えばあるエリアにおいては物件の賃貸価格が高く、オフィスを借りることが難しい場合があります。
そんな時に利用することで、より手頃な価格でオフィスを確保することができます。
またビジネスを展開する場所に関して柔軟性を持たせることもできるでしょう。
例えばある地域でビジネスを展開する必要がある場合に、その地域に複数のシェアオフィスがある場合、どのオフィスを利用するかを選ぶことができます。
こういった柔軟性は特定の地域に固執しないビジネス戦略を展開する際に非常に役立ちます。
ただし管理が煩雑になる可能性があるため、事前に注意が必要です。
例えば利用者が複数のシェアオフィスでそれぞれ異なる契約を結ぶ必要がある場合があります。
情報共有やスケジュール管理などの調整が必要になることもあります。

シェアオフィスを神田でに関する情報サイト
便利なシェアオフィス

このサイトでは最近需要が急拡大を見せているシェアオフィスについて、利用するにあたって抑えておきたい基本情報を色々な角度のコンテンツを通じてご紹介しています。
通常のレンタルオフィスのように敷金や権利金の授受、退去時の原状回復などの手間や負担を気にすることなく利用できるのが人気を集める理由です。
きわめて短時間でのオフィス需要に対応するコワーキングスペースとも違います。
賃貸料上昇のトレンドの中でさらに注目を集めるようです。

Search